読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーリーのメモ

プログラミングやCG作成等、アプリ開発を中心に情報を収集中!

Blender(3DCG作成ソフト)でパネルを作る その1 - 形状の作成

 Blenderでアプリの画面装飾で使うパネルの画像を作成します。
 ↓このような厚みを持ったパネルです。ボタンのベースにも使えると思います。
 f:id:mmorley:20160101100025p:plain

 アプリの画面を見栄え良くするのは難しいのですが、単純な形状でも立体感があるだけで、それなりに見えないかなという安直な期待をしています。
 
 単純な四角ならInkscapeでコツコツと作ったことはあるのですが、形状が少し複雑になると途端に面倒になります。
 上手くフィルタ等を使えばビシっと簡単に出来るのかもしれませんが、なかなか思うようになりませんでした。
 
 Blenderの操作に慣れるためにも挑戦してみました。

使用環境

作成手順

 キーボードのショートカットで操作する際には、マウスポインタが操作対象のウインドウ内にあることを確認してください。

1.Blenderを起動

 下記の記事で設定した状態(グリッドの目を細かくして、スナップを有効化。上面図でパース無し)からスタートしています。
mmorley.hatenablog.com
 上記のBlenderファイルです。
 *注意:テンキーの設定は保存されないので、必要に応じて各自行って下さい。
https://github.com/githubmorley/blog-files/blob/master/151207/blender.blend
リンク先のページ内の『Raw』を右クリックして、『リンク先を別名で保存』をクリックするとダウンロードできます。

  1. Blenderを起動
  2. 『File』-『Open』をクリック
  3. 上記のファイルを選択して、『Open Blender File』をクリック

2.最初から置かれているCube(立方体)を削除

  1. Cube(立方体)を右クリックで選択
  2. キーボードの『x』を押下して、『Delete』をクリック
補足 オブジェクトの選択は右クリックです。

3.カーソルを原点に移動

  1. キーボードの『shift + s』を押下して、『Cursor to Center』をクリック
補足 カーソル位置の移動は左クリックでも可能です。
ここではスナップ機能で正確な位置にカーソルを置きます。

4.Plane(平面)を配置

  1. キーボードの『shift + a』を押下して、『Mesh』-『Plane』をクリック
補足 カーソルの位置にPlaneが配置されます。

5.Planeを長方形にする

  1. キーボードの『s』を押下して、拡大縮小を開始
  2. キーボードの『x』を押下して、拡大縮小をX方向に限定
  3. マウスをドラッグしてX方向に3倍に拡大し、左クリックで決定(キャンセルは右クリック)
  4. キーボードの『control + a』を押下し、『Scale』をクリックして拡大縮小を"適用"
補足 "適用"の操作は重要です。
"適用"していないと次に行うBevel等の結果が変わります。

f:id:mmorley:20160104143017p:plain

6.Planeを面取りする

 せっかくなので、長方形ではなく形状を少し複雑にしてみます。

  1. Blenderの画面右端の『Properties』ウインドウの『Modifiers』タブをクリック
  2. 『Add Modifiers』-『Bevel』をクリック
    f:id:mmorley:20160104145142p:plain
  3. Bevelの設定で、『Only Vertices』にチェックを入れ、『Apply』をクリック
    • 『Width』の値で、面取りのサイズを変更出来ます。
    • 『Segments』の値を大きくすると、近似的な角丸になります。

f:id:mmorley:20160104151603p:plain

7.Curveに変換

 後で行う処理のためにオブジェクトをCurveに変換します。

  1. キーボードの『option + c』を押下して、『Curve from Mesh/Text』をクリック

8.Planeの追加

  1. 左クリックで、今あるPlaneと重ならない位置にカーソルを移動
  2. キーボードの『shift + a』を押下して、『Mesh』-『Plane』をクリック
  3. キーボードの『s』を押下して、拡大縮小を開始
  4. マウスをドラッグして1個目のPlaneサイズを小さく(0.1倍)し、左クリックで決定

f:id:mmorley:20160104153459p:plain

補足 3DViewの表示の拡大縮小は『ホイールスクロール』です。
3DViewの視点の移動は、『shift + 中ボタン(ホイール)ドラッグ』です。

9.追加したPlaneを三角形にする

 三角形の向きに注意して下さい。

  1. 追加したPlaneを右クリックで選択
  2. キーボードの『tab』を押下して、エディットモードにする
  3. キーボードの『a』を押下して、選択を解除
  4. 右上の頂点を右クリックで選択
    f:id:mmorley:20160104161200p:plain
  5. キーボードの『x』を押下して、『Vertices』をクリックして頂点を削除
  6. キーボードの『a』を押下して、全ての頂点を選択
  7. キーボードの『f』を押下して、三角形に面を貼る
    f:id:mmorley:20160104204154p:plain
  8. キーボードの『tab』を押下して、オブジェクトモードにする
補足 オブジェクトモード・・・オブジェクト単位での編集
エディットモード・・・1つのオブジェクトの点・辺・面を編集

10.三角形のPlaneをCurveに変換

  1. キーボードの『option + c』を押下して、『Curve from Mesh/Text』をクリック

11.Curveに沿って掃引

  1. 最初に作った六角形のCurveを右クリックで選択
  2. 『Properties』ウインドウの『Data』タブをクリック
  3. 『Geometry』-『Bevel Object』をクリックして、『Plane.001(三角形のCurve)』を選択
  4. キーボードの『option + c』を押下して、『Mesh from Curve/Meta/Surf/Text』をクリック

f:id:mmorley:20160105105826p:plain

補足 三角形を断面形状にして、六角形に沿ってぐるっと引き伸ばした形状です。
『option + c』でMeshにする前に、三角形の形状やサイズを修正すると最終
形状に即反映されるので形を見ながら調整できます。

12.面を貼る

  1. キーボードの『tab』を押下して、エディットモードにする
  2. キーボードの『c』を押下して、サークル選択を開始
  3. マウスのホイールスクロールで、円の大きさを調整する
  4. マウスの左ボタンドラッグで頂点をなぞって下図のように選択し、右クリックで終了
    f:id:mmorley:20160105111230p:plain
  5. キーボードの『f』を押下して、面を貼る
  6. キーボードの『tab』を押下して、オブジェクトモードにする
    f:id:mmorley:20160105111644p:plain
補足 頂点を複数選択する方法はいくつかありますが、ここではサークル選択を
してみました。
単純に複数選択する場合は、2個目の頂点からキーボードの『shift』を押し
ながらクリックします。
選択をやり直す場合は、キーボードの『a』で解除します。
キーボードの『a』は、押すごとに全て選択と解除を交互に行います。

13.三角形のCurveを削除

  1. 三角形のCurveを右クリックして選択
  2. キーボードの『x』を押下して、『Delete』をクリック

 
形状の作成は以上です。

今回の成果物

 作成したBlenderファイルです。
https://github.com/githubmorley/blog-files/blob/master/160101/blender.blend
リンク先のページ内の『Raw』を右クリックして、『リンク先を別名で保存』をクリックするとダウンロードできます。

あとがき

 多機能なソフトなので、同じ形状を作るにしても作り方や操作方法はいろいろな方法があると思います。
 操作に関しては、キーボードのショートカット操作をメインにしました。どのモードで何を選択しているか等によって、操作のメニューが変わるので把握するのは大変ですね。