モーリーのメモ

アプリ開発等(プログラミング、CG作成)、興味を持ったことを実践してまとめるブログです。

モーリーのメモ

Inkscapeのショートカットをcontrolからcommandキーに変更

Macでコピーは『command + c』を使いますが、
Inkscapeでは『control + c』です。
 
ややこしいのでInkscapeもcommandキーで操作出来るようにします。
 
また、altキーの代わりにoptionキーを使用出来るようにします。
『alt + クリック』で下にあるオブジェクトを選択する、等の操作が出来るようになります。

使用環境

 私が使用している環境です。

  • Mac OS X El Capitan Version 10.11.4
  • Inkscape Version 0.91
  • XQuartz Version 2.7.8 (xorg-server 1.16.4)

設定方法

1.ターミナルを起動

  1. 『アプリケーション』-『ユーティリティ』フォルダ内の『ターミナル』を起動
    f:id:mmorley:20160510140811p:plain

2.『ホームディレクトリ(/Users/ユーザ名/)』に『.xmodmap』ファイルを作成

  1. 下記をコピーして『ターミナル』に貼り付け、キーボードの『return』キーを押して実行
    cd ~
    touch .xmodmap

『.xmodmap』ファイルを開く

 『.(ドット)』から始まるファイル名は、隠しファイルなので通常『Finder』では見れません。

  1. 下記をコピーして『ターミナル』に貼り付け、キーボードの『return』キーを押して実行
    open .xmodmap
    テキストエディタで『.xmodmap』ファイルが開きます。
  2. 『ターミナル』を閉じる

テキストエディタで『.xmodmap』ファイルを編集

  1. 下記のをコピーして、テキストエディタの『.xmodmap』ファイルに貼り付ける
    ! Switch meta and control
    keycode 67 = Meta_L
    keycode 63 = Control_L
    keycode 71 = Control_R
    clear mod2
    clear control
    add mod2 = Meta_L
    add control = Control_L Control_R
  2. キーボードの『command + s』で保存
  3. テキストエディタを閉じる

XQuartz(X11)の環境設定

 *『.xmodmap』ファイルを編集した後に『XQuartz』を起動する必要があります。

  1. 『Inkscape』を起動
    『XQuartz』も起動します。
    既に起動していた場合は再起動します。
  2. 『XQuartz』のアプリケーションメニューの『環境設定』をクリック
    f:id:mmorley:20160510145017p:plain:w200
  3. 『環境設定』の『入力』タブを下図のように設定
    f:id:mmorley:20160510151618p:plain:w500

 『環境設定』の変更は、即反映されます。
 
 設定は以上です。

捕捉

『.xmodmap』ファイルの有無を確認

 作成した『.xmodmap』ファイルは通常非表示です。
 ファイルの有無を確認するには下記の操作を行います。

  1. 下記をコピーして『ターミナル』に貼り付け、キーボードの『return』キーを押して実行
    cd ~
    ls -a

 ファイルが多い場合は、『ターミナル』をマウス等でスクロールして確認します。

『.xmodmap』ファイルの削除

  1. 下記をコピーして『ターミナル』に貼り付け、キーボードの『return』キーを押して実行
    rm .xmodmap

Inkscapeのショートカット一覧

 Inkscapeのショートカットがたくさん書かれています。

あとがき

 だいぶ前に設定しようとした時は上手く設定出来ませんでした。、
 あきらめてcontrolキーを使っていましたが、たまにこんがらがってました。
 たぶんその時は、XQuartzの設定が上手く出来ていなかったんだと思います。