モーリーのメモ

プログラミングやCG作成等、アプリ開発を中心に情報を収集中!

GitHubを使用するための各種設定

 GitHubのサービスを利用することで、ソースコード等の各種データを公開したり、管理したりすることができます。
 
 GitHubを使用するための各種設定を行います。

GitHubアカウントの作成

1.https://github.com/を開く
2.下記の情報を入力し、『Sign up for GitHub』をクリック

  • 『Pick a username』:GitHubアカウント名を入力(URLの一部になります。)
  • 『your email』:自分のメールアドレスを入力
  • 『Create a password』;パスワードを入力

f:id:mmorley:20150910123050p:plain
3.『Plan』で『Free』の『Chosen』が選択された状態で、『Finish sign up』をクリック

  • 無料のプランを選択しています。
  • 図内の表にあるようにプランによって、『Private repositories(非公開にできるリポジトリ)』の数が違います。
  • リポジトリとは、ファイルやディレクトリの"状態"を記録する場所だそうです。データの変更履歴の管理ができるとのこと。

f:id:mmorley:20150910124215p:plain
4.登録したメールアドレスに、確認メールが来るので、『Verify mail address(メールアドレスを確認して下さい。)』をクリック
 『GitHub』のページが開きます。
 (5.)押した記憶がないのですが、『Confirm』ボタンが表示されたらクリック
 もう一回『Verify mail address』を押したら『(メールアドレス)is already verified.』と出たので認証はされていました。

リポジトリの作成

1.『GitHub』のページで『+New Repository』をクリック
f:id:mmorley:20150910194252p:plain
2.下記の情報を入力し、『Create Repository』をクリック

  • 『Repository Name』:付けたいリポジトリ名を入力
  • 『Description(optional)』:リポジトリの説明文を入力(必須ではない、日本語入力可)

リポジトリが作成されます。

SSH公開鍵の作成

 SSH公開鍵を作成し、GitHubに登録する必要があります。
 GitHubの下記のページに作成方法が紹介されています。
https://help.github.com/articles/generating-ssh-keys/
 下記の手順は、『.sshディレクトリがない場合の手順です。
1.『ターミナル』(『アプリケーション』-『ユーティリティ』-『ターミナル』)を起動
2.『ターミナル』で次のコマンドを実行し、ホームディレクトリに移動

cd ~/

3.『ターミナル』で次のコマンドを実行し、『.sshディレクトリがあるか確認

ls -ld .ssh

 ディレクトリがある場合は、『.sshディレクトリの情報が表示されます。
 ない場合は、『ls: .ssh: No such file or directory』と表示されます。
4.『.sshディレクトリがないことを確認し、『ターミナル』で次のコマンドを実行して『.sshディレクトリを作成

mkdir .ssh

5.『.sshディレクトリのパーミッションを"700"(所有者のみ読み取り権、書き込み権、実行権を許可)に設定

chmod 700 .ssh

6.『ターミナル』で次のコマンドを実行し、『.sshディレクトリに移動

cd .ssh

7.『ターミナル』で次のコマンドを実行し、と『id_rsa秘密鍵)』と『id_rsa.pub(公開鍵)』を作成
 *メールアドレスの部分は、自分のメールアドレスを入力

ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "your_email@example.com"

8.『ターミナル』で次の質問に回答

  • Enter file in which to save the key (/Users/am/.ssh/id_rsa): (何も入力せずReturnキー)
    • デフォルト以外の名前を付ける場合は名前を入力
  • Enter passphrase (empty for no passphrase):(何も入力せずReturnキー)
    • パスワードを設定する場合は入力
  • Enter same passphrase again:(何も入力せずReturnキー)
    • 設定したパスワードを再度入力

9.『ターミナル』で次のコマンドを実行し、『id_rsa.pub(公開鍵)』のファイルの中身を表示

cat id_rsa.pub

10.表示された『ssh -rsa 〜〜〜〜〜 your_email@example.com』をコピー
11.『GitHub』のサイトにサインイン
12.ページ上部のf:id:mmorley:20150910152638p:plainボタン-『Setting』をクリック
f:id:mmorley:20150910152647p:plain
13.ページ左の『SSH keys』を選択し、『Add SSH key』をクリック
14.下記の内容を入力し、『Add key』をクリック

  • 『Title』:keyのラベルを入力(例:個人的なMacを使っている場合は"Personal Macbook Air"等)
  • 『Key』:手順10でコピーした『ssh -rsa 〜〜〜〜〜 your_email@example.com』をペースト

f:id:mmorley:20150910153945p:plain

『SourceTree』のインストール

『SourceTree』は、Gitのデスクトップクライアントで、GUIリポジトリの管理ができます。無料で使用できます。
1.https://www.sourcetreeapp.com/を開く
2.『Download SourceTree Free』をクリックして、『SourceTree_2.0.5.2.dmg』ダウンロード
3.『SourceTree_2.0.5.2.dmg』をダブルクリックしてマウント
4.開いた画面で『SourceTree』を『アプリケーション』フォルダにドラッグアンドドロップ
f:id:mmorley:20150910182733p:plain
5.『私はSourceTreeの使用許諾契約に同意する』に問題がなければチェックし、『続ける』をクリック

  • 『SourceTreeの使用データを送信して頂き、〜〜』のチェックは任意

6.下記の情報を入力し、『続ける』をクリック

  • 『ユーザーアカウント』:『GitHub』を選択
  • 『ユーザー名』:GitHubアカウント名を入力
  • 『パスワード』:設定したパスワードを入力

f:id:mmorley:20150910182744p:plain
6.先にリポジトリを選択し、同期するローカルフォルダを設定して『続ける』をクリック
7.『git-credential-sourcetreeは、キーチェーン内の"github.com"に保存されている機密情報を使用しようとしています。この項目へのアクセスを許可しますか?』で『許可(または『常に許可』)』をクリック
クローンが作成されます。
 
以上です。

あとがき

 GUIGitHubの操作をするソフトとして『SourceTree』の他に『GitHub Desktop』を入れてみましたが、『SourceTree』のほうが私にわかりやすかったです。
 判断するには、あまりに短い時間しか触っていないのですが。

広告を非表示にする