読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モーリーのメモ

プログラミングやCG作成等、アプリ開発を中心に情報を収集中!

Version 1.2.1アップデート情報!:Cocos Creator

Cocos Creator更新情報 Cocos Creator

 Cocos CreatorのVersion 1.2.1がリリースされたので、その更新内容を確認しました。

使用環境

 私が使用している環境です。

  • Mac OS X El Capitan Version 10.11.6
  • Cocos Creator Version 1.2.1
  • ブラウザ:Google Chrome Version 52.0.2743.116 (64-bit)

v1.2.1 リリース情報

 下記のページのリリース情報を読んでみました。
discuss.cocos2d-x.org

Editor

AssetsAssetsパネルでフィルタを使用している時にアセットの名前を変更するとエラーが発生するのを修正しました。
Previewブラウザ プレビューでconsole.log(node)を使用すると、多くのエラーメッセージが生成される問題を修正しました。
Previewブラウザでシーンをプレビューしている時にPrefab編集モードに入るとエラーが発生する問題を修正しました。
Editorエディタでシーンを保存した直後に新しいシーンを読み込むと新しいシーンが古いシーンによって上書きされる場合がある問題を修正しました。
DashboardWindowsでルートパスに新規プロジェクトが作成出来ない問題を修正しました。
Buildエンジンモジュールの設定によってビルドされたエンジンのサイズが小さくならない場合があるエラーを修正しました。
BuildBuild Settingパネルを開いている時にシーンを削除すると、ゲームが真っ暗な画面でビルドされる問題を修正しました。
PreferencePrefereceパネルのData EditorタブにEnable Auto Compileオプションを追加しました。ユーザーは自動コンパイルを無効にして、手動コンパイルだけを使用出来ます。
Code-Editor組み込まれているコードエディタで、Tabキーが効かないのを修正しました。
Console下のステータスバーのエラーメッセージのクリックによって、Consoleパネルに正しくジャンプしない問題を修正しました。

Engine

EngineいくつかのUIエレメントがメモリーリークを起こす場合がある問題を修正しました。
Engineバイルデバイスで、Landscapeの向きにならないエラーを修正しました。
Engineシーンを切り替えた後にマウスホバーイベントがクリアされない問題を修正しました。
Engine『Import as plugin』オプションの付いたスクリプトグローバル変数を定義するとエラーが発生する問題を修正しました。
EngineWebとネイティブプラットフォームの間で、Skewレンダリング処理が一貫していない問題を修正しました。
RenderBMFontがバッチレンダリング出来ないバグを修正しました。
Graphics円弧の描画が反時計回りに設定されている時に、間違った方向になる問題を修正しました。
GraphicsWindowsでいくつかのAPIを使用するとクラッシュが発生する問題を修正しました。
ActionScaleBy、SkewByアクションを使用するとtoo much recursion(再帰が多すぎる)エラーが発生するのを修正しました。
JSB現在、socket.ioのsend APIは、ネイティブプラットフォームでオブジェクト引数を受け取ることが出来ます。
JSB現在、runAction関数はネイティブプラットフォームでアクションのインタンスを返します。

Component

Component一つのコンポーネントに多くのプロパティが定義されている場合、プロパティの参照の取得に失敗してNONEと表示される問題を修正しました。
Componentカラーピッカーが正しく色を保存出来ない問題を修正しました。
ButtonColorにTransitionを設定した場合、interactableがfalseに更新されることで正しい外観が得られない問題を修正しました。
MaskノードがNode Treeに追加される前にイベントが登録された場合、イベント処理でMaskが機能しないバグを修正しました。
Animationアニメーションにキーフレームが追加される時に、Colliderコンポーネントのサイズが0にリセットされる問題を修正しました。
Animation別のコンポーネントのonEnableメソッド内で、ノードのアクティブをfalseに設定すると再生中のアニメーションが停止する問題を修正しました。
AnimationAnimation編集モードでスクリプトコンパイルすると軌道が消える問題を修正しました。
ScrollView一番下にスクロールして最後のエントリを削除すると、scrollBarが正しく更新されないのを修正しました。
ScrollViewContentプロパティはノードに結合された場合にのみ、イベントが登録できます。
ScrollViewTouchMoveとTouchEndイベントがエントリノードまで浸透できるかどうか制御するためにcancelInnerEventsプロパティを追加しました。
ScrollViewScrollviewノードがアクティブ化されたときにscrollBarが表示されないのを修正しました。
ScrollViewiOSプラットフォームで上部の白いマージンを修正しました。
LabelWebGLレンダリングモードでLabelの周りの不透明なエイリアスを修正しました。
LabelLabelOutlineコンポーネントがLabelでShrinkオーバーフローのために無限ループを引き起こす可能性があるのを修正しました。
Label複数のTTFアセットを読み込む時に、Labelコンポーネントが間違ったTTFアセットを使用することになる問題を修正しました。
Labelエディタがアクティブでない時にBitmapFontアセットを追加すると、インポートに失敗する場合がある問題を修正しました。
VideoPlayercurrentTime、duration、isPlaying APIを追加しました。
Widgetプレビュー実行後に、Widgetコンポーネントがエディタで無効になる場合があるのを修正しました。
SpriteDistortion作り直されたWebGLレンダリングシステムで、球体の歪みのコンポーネントが機能しないのを修正しました。
EditBox入力タイプをNumberに設定する場合に、maxLengthプロパティに効果がない問題を修正しました。

動作確認(ビルドを確認)

 動作の確認のため、各プラットフォーム向けに、Hello Worldプロジェクトのビルドと実行を行いました。

対象プラットフォーム結果
Web MobileOK
Web DesktopOK
MacOK
iOSOK

あとがき

 今回の更新は、バグの修正がほとんどですね。
 前回(v.1.2)で使えなくなっていたcc.PhysicsDebugNodeは、今回も使えませんでした。APIが変わったのかな?
 ちなみに、v.1.1.2に戻せば使えます。
 Cocos Creatorの開発のロードマップを見ると、Physics engineは2016/11に実装となっています。なので本来、物理エンジン関連を使うのはこれを待つべきだと思います。仕様がごそっと変わるかもしれませんし。
discuss.cocos2d-x.org
 

広告を非表示にする