モーリーのメモ

アプリ開発等(プログラミング、CG作成)、興味を持ったことを実践してまとめるブログです。

モーリーのメモ

Version.1.0.3のアップデート情報!:Cocos Creator

 Cocos CreatorのVersion.1.0.3がリリースされていました。
 前回の更新から8日後です。
 はやっ。

使用環境

 私が使用している環境です。

  • Mac OS X El Capitan Version 10.11.4
  • Cocos Creator Version 1.0.2
  • ブラウザ:Google Chrome Version 50.0.2661.102 (64-bit)

バージョン1.0.3のリリース・ノート

 まずは、リリースノートです。

  • [Windows]ユーザースクリプトコンパイルが失敗する場合がある問題を修正しました。
  • [Windows]ボリューム名が(C:\のように)大文字のために、シーンの作成や保存が失敗する問題を修正しました。
  • [Layout] レイアウトコンテナに負のサイズの値を与えた時にエラーを繰り返す問題を修正。現在はレイアウトが負の値を持つと警告が出され、サイズが0にリセットされます。
  • [Layout] ノードにレイアウトコンポーネントを追加するとノードのサイズがリセットされる問題を修正しました。
  • [EditBox]JSBランタイムに開始と終了のコールバックを追加しました。
  • [Component]簡易トレイル効果用の『cc.MotionStreak』コンポーネントを追加しました。『Components/Other components/MotionStreak』にあります。
  • [ScrollView]ウェブキャンバスは再アクティブ化されたScrollViewノードにおいて間違った位置にコンテンツをレンダリングする問題を修正しました。
  • [ScrollView] ノードのサイズの変更によってScrollViewのスクロール表示がエラーを起こす問題を修正しました。
  • [Button]『Transition』に『SPRITE』が選択されている場合、対象のスプライトのspriteFrameを取り替えると、normalのspriteFrameも同様に更新されます。

アップデート手順

 アップデートは、ダッシュボードではなくエディタからです。
 何かしらプロジェクトを開くと、自動的に『Auto Update』ウインドウが表示されます。
 今回は、エディタが開いてから『Auto Update』ウインドウ表示されるまでに少し時間がかかりました。
 また、エディタの『Panel』メニューから『Auto Update』が無くなっていました。
 
 ということで、公式サイトのダウンロードページからダウンロードしたほうが確実です。
 手順は、新規にインストールする場合と同じです。

 下記のサイトを開いて、
cocos2d-x.org
 インストーラをダウンロードします。
f:id:mmorley:20160513144144p:plain
 chromeだとこんなメッセージ出ます。
 『保存を』クリックします。
f:id:mmorley:20160513145011p:plain
 ダウンロードした『CocosCreator_v1.0.3_2016050901.dmg』をダブルクリックしてマウントします。
 『Cocos Creator』を開いている場合は閉じます。
 下図のウインドウで、『CocosCreator』を『Applications』フォルダにドラッグ&ドロップします。
f:id:mmorley:20160513145842p:plain
 『置き換える』をクリックします。
f:id:mmorley:20160513145932p:plain
 コピーが完了すると、アップデート完了です。
 起動してプロジェクトを開くと、エディタの画面の右下で、バージョンが確認できます。
f:id:mmorley:20160513175340p:plain
 
 アップデート作業は、以上です。

ビルドを確認

 念のため動作確認ということで、『Version 1.0.3』で『Hello World』プロジェクトがビルドがちゃんと出来るか試しました。
 今回も、『Web Mobile』、『Web Desktop』、『Mac』、『iOS』向けにビルドし、実行することができました。

あとがき

 MotionStreakコンポーネントのトレイル効果は、アニメーションで移動した時に後ろに残像が出来るような効果みたいです。
f:id:mmorley:20160513184140p:plain:w400
 単純に左右に動くアニメに適用してみました。なんか向きが変な気がしますが。
 
 Cocos Creatorの更新が続きましたが、使ってて動作が不安定とは特に思わないです。
 Cocos Studio2で耐性がついたのかな。